こんにちは。

私は生後2か月の娘を育てている新米ママです。

娘が産まれてから、「育児ってこんなに大変なの?聞いてないよ!」と思う毎日です。

2~3時間おきの授乳、おむつ替え、お風呂、理由はないけど泣き止まない・・・

こんなに大変な思いをして子育てしている先輩ママさんたちには、頭が上がりません。

実は今、旦那が育児休暇を取って、サポートしてくれています。

私が里帰り出産をして、その後1か月実家で過ごした後、自宅に戻ってきたのですが、それから1か月、お休みを取ってくれました。

2人での子育ては気持ちにも体力的にも余裕があるので、本当に助かっています。

とはいえ、大変なものは大変。

今回は特に苦しんだ「腰痛」についてお話ししたいと思います。

育児中に夫婦揃ってぎっくり腰に!実践した腰痛予防対策

授乳をするとき、赤ちゃんを抱きかかえるとき、おむつを替えるとき、1つ1つを見ると大変そうではないのですが、積み重なると腰の負担になります。

前屈みになって重い荷物をずっと持っているようなイメージです。

赤ちゃんのお世話をしていても腰が痛いし、1人でゆっくり座っていても腰が痛い。

伸ばすと少し楽になるけれど、またお世話をしたら元通り。

それまで腰痛など経験したことが無かったので、初めての痛みに驚きました。

夫も同じく腰が痛いと言っていたので、お互いマッサージし合うのが日課になりました。

〇夫婦でぎっくり腰に〇

なんとか腰痛をごまかしながら生活していたのですが、ある日、夫が布団を畳んでいるときに「うっ!」と聞いたことのない声を出しました。

体をひねった状態で静止していて、そのまま動けなくなっていたのです。

とにかく病院に行かなくちゃ、と思い、近所の整骨院に向かいました。

診断結果はぎっくり腰。

コルセットを付けて、安静にするよう言われました。

そこから、私の1人での育児が始まりました。

夫はぎっくり腰だから、私が頑張らなきゃ、と張り切った結果、私もぎっくり腰に。

遠方に住んでいる私の母に来てもらい、1週間ほど助けてもらいました。

〇腰痛を減らすための工夫〇

夫婦でぎっくり腰になってから、家の配置を見直しました。

あまりしゃがまなくて済むようベビーベッドを購入したり、授乳は必ずソファーに座って背中にクッションを挟んでしたり、腰への負担を減らすよう工夫しました。

その他にも、毎日必ずお風呂に入って腰を温めたり、軽いストレッチを日課にするようにしました。

腰痛が軽くなり、気持ちにも余裕が出てきたと思います。

〇腰痛にならないために〇

腰痛は突然なるものではありません。

負担が積み重なって、徐々に痛みが増していくと思います。

少し痛いような段階なら改善できるかもしれないので、色々と試すことをオススメします!

私のようにぎっくり腰になる前に、腰痛改善してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です